2018年03月17日

さしすそせうゆ、そせすさしょうせつ。

どーもです。ときです。

最近暖かくなってきましたが、まだまだ寒い日も続きます。
私も外出時にあったかいコートを羽織って行ったのに暑くなったり、
あるいは今日は大丈夫かな、と思って少し薄着で出たら寒かったりと、
随分と空模様に翻弄されております。
皆様も風邪をひかないように、日々気をつけてお過ごしください。

さて。
衣食住のうちでも、食に目がない私ではありますが、
最近はとある『醤油』にハマっております。
こちら。
IMG_20180317_092426_resized_20180317_110628117.jpg
これ、なんか密閉ボトルに入っていて酸化を防ぐから最後まで美味しい醤油が味わえるよー
的なご案内で話題になったみたいなのですが、
その中でも結構味の種類が色々ありまして。
私は特にこの鰹節の醤油がお気に入りです。
鰹節の風味がふわぁっと舌に、鼻腔に広がるんです。
私もうごはんにこれかけるだけでもどんぶり一杯たべられるくらいハマっております。
最近は仕事帰りにスーパーで半額のおさしみを買って、どんぶりに綺麗に盛り付けて
この鰹節醤油をしゃしゃっとかけて、即席海鮮丼にして食べるのがたまらないです。
皆様も機会がありましたら、こちらの醤油……探してみてはいかがでしょうか。
あるいは他にも種類がありますので、それぞれ味わってみるのも一興かもしれません。

さてさて。
先日の休みに、とある本の新刊が出たということで、本屋を何軒かハシゴしまして。
人気なのかなーとか思いつつ、新宿の紀伊国屋でやっと見つけて喜んで購入しました。
やっぱり最終的に本を見つけるなら新宿の紀伊国屋だなぁ、と思いながら購入したのはこちらです。
IMG_20180317_092534_resized_20180317_110628689.jpg

『淡海乃海 水面が揺れる時』

これで「あふみのうみ」と読みます。琵琶湖のことです。
一言で簡潔に説明しますと、なろう小説本です。
小説家になろう、というサイトで連載されている小説の一つでして。
ジャンルは歴史転生もの、とでも申しましょうか。
日本の戦国時代に転生した主人公が、天下統一を目指す……といった感じのお話になります。
正直、歴史に詳しい方でないと読みにくいところはあるかと思いますが、
それを差し引いても、物語の展開や当時の歴史的背景などがしっかり作り込まれていて、
とても面白い作品だと思います。
主人公の朽木基綱は、史実では朽木元綱という武将なんですけれども、
もうこの辺りでマニアックさが全開といいますか、多分戦国マニアじゃないと
知らないよなぁ、って絶妙な武将をピックアップする辺りがなんとも。
舞台は北近江。現在でいう滋賀県の北西部から始まります。
周りは浅井、六角、三好などです。織田信長はまだ弱小の時代です。
ここから主人公は、どのようにして天下を目指すのでしょうか……
もし興味を持たれた方は、一度サイト連載の方をのぞいてみるのもいいかもしれません。
書籍の方では、サイト連載より追加された部分や、書き下ろしの短編もありますので、
ハマった方は是非是非、書籍の方もお手に取ってみてはいかがでしょうか。


さてさてさて。
これから本格的に春がやってきますね。
お花見……今年は出来るといいなぁ。
posted by ねこのしっぽ受付スタッフ at 18:42| --- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする